ひざの培養幹細胞治療、2,700症例突破のお知らせ

2020.07.29

診療・治療法

幹細胞治療2700症例突破

自由診療ですでに提供されている再生医療にもいろいろ治療法がありますが、東京ひざ関節症クリニック新宿院では、幹細胞を培養して投与する方法を採用しております。グループでは2015年3月から幹細胞治療を導入しており、2020年6月末において、2,700例以上の治療実績となりましたので、ここにご報告いたします。

詳しい情報提供や医療の進展のために

培養幹細胞治療の効果としては、変形性膝関節症の初期〜末期を含む当院の症例データの統計を見る限り、国際基準で約60%の患者さまに痛みの軽減効果を得られており、その効果も1~2年の持続を現時点で確認しています。

2,700の症例から得た貴重のデータは、患者さまへのご説明においてはもちろん、どの医療機関でもデータに基づく治療提案がなされるよう、広く医療業界への発信にも努めております。
当院がこうした活動で医療や多くの悩める患者さまのために貢献できるのも、治療を受けてくださった患者さまのおかげです。心よりお礼申し上げます。

 

培養幹細胞治療とは

患者さまのお腹からごく少量の脂肪を吸引し、そこに含まれる幹細胞を専門施設で増殖させてから関節内に注射で投与する治療法です。大がかりな手術や入院が必要ないこともあり、人工関節を勧められたけれど手術は避けたいという方に多くお選びいただいています。

どう痛みに作用するのか、その他、治療の手順や費用など、培養幹細胞治療の詳細は治療解説のページをご覧ください。

 

東京ひざ関節症クリニックの培養幹細胞治療とは