変形性膝関節症で2ヵ月前から5分くらいしか歩けなくなりました

5年前から、左ひざの変形性関節炎との診断を受けました。
原因は、母の介護、車椅子の操作と、仕事中の冷房の冷えからでは、ないかと、自分では、思っています。
その後、お蔭様で、30分位は、歩け、日常生活に問題は無く過ごしていました。
所が、2ヵ月前頃から5分位しか、歩けなくなってしまいました。
夜も、ズキン、ズキンと、痛みが酷く、眠れませんでした。
歩けなくなった原因を、自分なりに考えますと、週に
2,3度、1時間位、プールのスクールに通っていました。
所が、もっと、自分を鍛え様と、1時間を2時間と延長したのです。
それで、又、身体が冷えたのではないと思っています。
現在は膝を暖めるリハビリとヒアルロン酸の注射を受けています。
手術は、避けたいと考えます。
一度の治療で、PRPと、天然治療は、どの位、持つのでしょうか?

PRP-FD注射やSCAFF天然関節治療での治療が有効だった場合でも、その効果が永続することはありません。それは普通の生活をしている以上、膝は体重を支え徐々に関節内の状態は悪化してしまうものだからです。
こうした治療では、膝の中に残っている損傷の修復を目指します。損傷した場所が修復できれば、再びダメージが加わらない限り、その状態は保たれますが、歩く生活を続ける以上ダメージを加えないことは困難です。そのため、1度の治療で効果が永続する可能性はほぼありません。
効果の持続期間については、変形の程度が軽い方の方が持続期間が長い傾向にあります。どの治療が一番良いか、実際の膝の状態やMRIを拝見した上でご提案できたらと思います。
ご面倒かとは思いますが、診察にいらしていただけたらと思います。

関連キーワード

直接ドクターがお答えしますので、
お気軽にご相談ください。

ドクターメール相談

キーワード検索

カテゴリー別

まずはお気軽に
ご相談ください。

0120-013-275

電話受付時間
9:00〜18:00

多岐にわたって経験と知識を有する専門医・指導医が在籍しています

ひざ関節症クリニックの医師は、全員、日本整形外科学会認定の専門医です。加えて複数の医師が、さらに専門性を極めた分野に従事。新宿院院長の横田直正医師は、日本リウマチ学会認定専門医でもあり、関節炎に深く精通。日本医師会認定産業医の資格も保有しています。医学博士も取得している大宮院院長の大鶴任彦医師は、股関節も専門としており、日本股関節学会学術評議員のひとりです。厚生労働省認定の臨床研修指導医、身体障害者福祉法指定医の資格も取得しています。
また、整形外科分野に限らず、日本再生医療学会にも所属し、さらに専門性を極めた医師も在籍。こういった医師たちの知識と経験に基づき、当サイトでの情報提供を行っております。