プロフィール

東京ひざ関節症クリニック院長、横田直正の紹介です。

横田 直正院長

横田 直正

人は、ある程度の自己治癒力を持っています。ですが、それにも限界があります。再生医療も例外ではなく、ひざ関節の変形が軽いほど期待できる効果は大。お悩みの方はお早めにご相談ください。

  • 複数の病院で医長を経験
  • 学会発表・論文も豊富
  • 再生医療は数百例以上

国立大医学部を卒業後、東京大学付属病院の整形外科に入局。その後も様々な医療機関で現場を経験した、熟練ドクター。リウマチを中心に、関節外科手術や論文も数多く手掛けてきた実績を持つ。グローバルスタンダードな医療の提供をモットーに最善を尽くすも、保険適応内での限界を実感。新たな治療法を提供できる、自由診療という道の選択に至る。現在は再生医療を中心に、現時点でのできる限りの臨床に注力。再生医療学会の発表や他院ドクターの勉強会にて情報提供するなど、医療向上のためにも意欲的な活動を見せる。
痛みのある関節は必ず優しく触れる。先進医療に精通していても、そんな基本を忘れない“名医を目指す良医”であろうと、常に心掛けている。

経歴

  1. 1999年
    浜松医科大学 卒業
  2. 1999年
    東京大学医学部付属病院 整形外科 医師
  3. 2000年
    東京逓信病院 整形外科 医師
  4. 2000年
    東京三楽病院 整形外科 医師
  5. 2001年
    都立広尾病院 整形外科 医師
  6. 2003年
    東芝林間病院 整形外科 医師
  7. 2004年
    多摩北部医療センター 整形外科 医師
  8. 2005年
    都立墨東病院 リウマチ科 医師
  9. 2006年
    東京逓信病院 整形外科 医師
  10. 2007年
    太秦病院 整形外科・リウマチ科 医長
  11. 2015年
    富士見病院 整形外科 医長
  12. 2016年
    東京ひざ関節症クリニック 銀座院 院長
  13. 2017年
    東京ひざ関節症クリニック 新宿院 院長

資格・免許

  • 日本整形外科学会認定 専門医
  • 日本リウマチ学会認定 専門医
  • 日本医師会認定 産業医

所属学会

  • 日本整形外科学会
  • 日本リウマチ学会
  • 日本再生医療学会

論文・学会発表

学術論文

年 代 雑誌名 題 名
2017年 Regenerative Therapy 6 Clinical results following intra-articular injection of adipose-derived stromal vascular fraction cells in patients with osteoarthritis of the knee.
2008年 整形外科 59巻 慢性腰痛に対する薬物療法の治療効果を予測する
2007年 整形外科 58巻 関節リウマチの感染関節手術例の検討
2007年 Mod Rheumatol 17 Ten years results of bucillamine in the treatment of rheumatoid arthritis.
2005年 整形・災害外科 48巻 慢性疼痛患者に対する簡易型マッギル疼痛質問表の信頼性

学会発表

年 代 学会名 題 名
2018年 第17回日本再生医療学会総会(シンポジウム) 脂肪由来培養幹細胞(ASC)と非培養間質血管細胞群(SVF)の膝関節腔内注入療法の臨床比較研究
2018年 第17回日本再生医療学会総会(共催学術セミナー) 変形性膝関節症に対する脂肪由来培養幹細胞関節内注射療法
2017年 第32回日本整形外科学会基礎学術集会(シンポジウム) 変形性膝関節症に対する間質血管細胞群(stromal vascular fraction)の膝関節腔内投与による治療成績
2017年 第32回日本整形外科学会基礎学術集会(パネルディスカッション) 変形性膝関節症に対し再生医療として施行した自己血由来PRPを用いたPFC-FD(platelet-derived factor concentrate freeze dry)治療の臨床成績
2017年 第16回日本再生医療学会総会 中期・末期の変形性膝関節症に対するSCAFF関節腔内投与療法の治療成績

ドクターインタビュー

横田院長が考えていること、診療や患者さまへの想いをお伝えします。

再生医療の道を選んだ理由

20年以上も変わらない臨床分野に、細胞治療が登場

変形性ひざ関節症など、年齢に関係するひざ関節疾患の治療法として、海外ではかなり以前から、自分の細胞を用いる再生医療が話題を集めつつありました。ただ、日本においては、私が研修医になった約20年前からその臨床に進化はほとんどなし。保険適応内でできる最大限にこだわって診療にあたってきましたが、やはり限界を感じざるを得ませんでした。
それでもここ数年、日本でも再生医療という言葉が徐々に浸透。ひざ関節症クリニックのように、臨床で再生医療を提供する医療機関も出てきたことで、世界水準の治療を広めていきたいという想いが強くなったのがきっかけです。

ひざの診療で大切にしていること

知らない治療だからこそ、声をかける

整形外科医になったとき、まず言われたのは「人には親切にする」ということ。当たり前のことなのですが、やっぱりこのことに尽きますね。
例えば、当院ではご家族が付き添って来院されるケースも少なくありません。なじみのない治療ということもあり、患者さまは緊張されていますし、ご家族もやはり心配のご様子。そんなときは患者さまだけでなく、ご家族にも細かくお声がけするなど、安心していただけるようなムードづくりを意識しています。和らいだ環境でこそ、患者さまはざっくばらんに相談できるでしょう。それに、安心は信頼にもつながります。治療効果を最大限に引き出す意味でも、重要なことですね。

目指しているもの・こと

身近な治療にするため、再生医療への賛同を増やす

当面の目標は、世界一の症例件数です。それには理由があります。
日本には変形性ひざ関節症に対する再生医療のエビデンスが少ないので、海外で結果が示されていても、再生医療への賛同は少数です。そのため、まだまだ知る人ぞ知る治療という位置づけ。だからこそ、多くの症例から得た信頼に値する情報を学会や論文で発表し、多くの賛同を集めたいのです。そうすれば、再生医療はもっと普及し、多くの人に身近な治療となることでしょう。その足がかりとなるのが、世界一の症例件数なのですが、達成されるのはそれほど遠い未来ではないと感じています。

まずはお気軽に
ご相談ください。

0120-013-275

電話受付時間
9:00〜18:00