発症するとどうなるのか

横田 直正 院長

変形性ひざ関節症は高齢者に多く見られるひざの病気で、痛みを始めさまざまな症状をもたらします。大好きだった旅行ができなくなった、伏し目がちで家にこもるようになってしまったといった話は、当院の患者さまやご家族からよくお聞きすることです。この病気が直接的な原因となって命を落とすことはありませんが、活き活きと楽しく過ごすことのできる健康寿命を脅かす病気であると言えるでしょう。

症状が悪化していく

変形性ひざ関節症の症状

変形性ひざ関節症は、ひざへの負担が積み重なり、軟骨がすり減ることで発症。少しずつ進行していきます。
特徴的な症状は、ひざの痛みや水たまり(腫れ)です。すり減った軟骨によって、ひざ関節を包む滑膜(かつまく)という組織が刺激され、炎症が起きることが痛みの原因。一般的には病気の進行に伴って重症化していきます。動き始めだけ感じる程度だった痛みも、歩行時や階段の上り下りで頻繁に生じるようになるなど、徐々に悪化していくことが多いでしょう。この他にも、正座ができない、ひざからゴリゴリと音が鳴るといった症状が起きることがあります。

末期になると日常生活にも支障

病名にもあるように、進行に伴ってひざ関節は大きく変形。O脚やX脚が顕著になります。末期になると、ひざがほとんど曲がらない、じっとしていても痛い、歩行ができないなど、日常生活にも大きな支障が出てしまうでしょう。最悪の場合には寝たきりになる可能性もあります。

予防のためにできること

横田 直正 院長

変形性ひざ関節症の発症には、複数の要素が関係しています。そのため完全に予防することは難しいですが、知識やちょっとした心がけ・習慣などがケアにつながる可能性はありますし、もし発症してしまったとしても、進行する速度を遅くすることは可能です。おすすめしたいのは、原因を知ること、運動すること、そして生活を改善することです。

原因を知る

変形性ひざ関節症の危険因子

まず、知識面が重要です。特に大きな要因としては加齢が挙げられますが、それだけではありません。考えられる原因を知って、自分に思い当たるものを一つでも多く取り払うことができれば、そのぶん発症リスクも小さくできる可能性はあるでしょう。
変形性ひざ関節症は、二つに大別されます。一つ目は、はっきりと原因を特定することができないもの。加齢や筋力の衰え、肥満、性別、O脚などが挙げられます。そして二つ目が、過去のケガや病気といった、原因をある程度特定できるもの。過去に負った前十字靭帯や半月板のケガ、関節リウマチ、偽痛風などの病気がその例です。

運動する

変形性ひざ関節症の予防に効果的な大腿四頭筋の運動

原因を知ったら、具体的に対策をします。ひざへの負担が積み重なって軟骨がすり減るのであれば、その負担を軽くすることを考えなければなりません。そこでおすすめできるのが、運動です。
効果が認められているのは、筋トレやストレッチでひざ周りの筋力を鍛えたり、ほぐしたりすること。とりわけ、太ももの大腿四頭筋が重要となります[1]。衝撃を吸収し、ひざ関節を守る役割を果たす大切な筋肉だからです。スクワットのような激しいものでなく、脚を挙げてキープする、曲げ伸ばしを繰り返すといった運動でも問題はありません。ただし、痛みが強いとき、腫れているときなどは無理をしないようにしましょう。

生活を改善する

体重の2〜3倍の負担がひざ関節にかかっている

もう一つの予防法は、生活の改善です。特に肥満の方に関係することですが、体重が1キロ増えるごとに、ひざ関節への負担も2〜3キロ増加するとされています[2]。また、体重が5キロ増加するごとに、変形性ひざ関節症を発症するリスクは36%高まるという報告も[3]。予防のためには減量が必須ですし、肥満を増長させるような生活習慣があれば、改善が必要なのです。
できる限り正座を避ける、洋式のトイレを使うといった、日常生活でひざに負担をかけないための心がけもあるとよいでしょう。

病院ではどのようなことを行うのか

横田 直正 院長

変形性ひざ関節症の患者さまが整形外科を受診するきっかけの多くは、ひざの痛みや水たまりですが、痛みが強い場合には、ある程度まで進行してしまっているケースも多々あります。違和感を感じたら、できるだけ早めに受診をするのが望ましいでしょう。ただ、ひざが痛いからといって、必ずしも変形性ひざ関節症であるとは限りません。そのため病院では、まず正確な診断のための検査から始まります。

検査

問診や触診によって、いつから、どこに、どのような症状があるのかを確認します。
また、整形外科の分野では、レントゲン(X線)による検査が基本。変形性ひざ関節症が疑われる診察においては、ほとんどのケースで行われるでしょう。ひざ関節の骨の隙間や変形の有無を確認するのが目的で、一般的には骨の隙間が狭くなっているほど、病気が進行しているサイン。進行度は1から4までのグレードという指標で表されます。

変形性ひざ関節症の進行度を示すグレード

その他にも、MRI検査が行われることがあります。レントゲンで確認できない靭帯、半月板、軟骨などの状態も詳しく確認できるためです。当院でも、治療による改善の見込みを事前にお伝えするため、患者さまにおすすめしています。
血液や関節液の検査が実施される場合もありますが、これは関節リウマチの可能性や炎症の程度を調べて、変形性ひざ関節症であるという診断を確定させるのが目的です。

生活指導

変形性ひざ関節症という診断に至ったら具体的な治療法を考えていきますが、その中で生活指導を行うことがあります。例えば肥満の方には体重を減らすための取り組みや、筋力不足の方にはひざ関節への負担を減らすための運動を指導する、といった具合です。また、杖やサポーター、靴のインソールなどの使い方をアドバイスするケースもあります。

治療

病院ではまず、身体にメスを入れない保存療法を実施することが多いでしょう。運動を中心に、鎮痛薬の処方やヒアルロン酸注射、ステロイド注射といった薬物療法も行います。また、電気や超音波などを使った物理療法を提供する病院もあります。

変形性ひざ関節症の代表的な保存療法

こうした保存療法で症状が改善しなかったり、悪化したりしてしまった場合、手術による治療が検討されます。適応となる手術は、内視鏡を使ってひざ関節内の状態を整える関節鏡視下手術や、ひざ周りの骨を切って骨の角度を矯正する骨切り術、ひざ関節を人工のものと置き換える人工関節置換術の3つ。変形性ひざ関節症の進行度や、患者さまの生活スタイルなどが判断材料となります。最近では、手術の進行を助けるシステムやロボットなどの最新技術が導入されるケースもあり、手術の精度が高くなっています。

変形性ひざ関節症の手術と適応、メリット、デメリット

ひざ関節症クリニックの提案

横田 直正 院長

現在、変形性ひざ関節症が進行してしまった場合の治療法は、手術が主流となっています。しかし、どうしても手術を受けたくない、受けられないといった方が多数いらっしゃることも事実。そういった方に新たな選択肢を提示するため、当院では再生医療を始めとする先進的な治療法を採用しました。

ひざを切らない、注射という選択肢

当院では、血液の有効成分を濃縮して用いるPRP-FD注射と、身体から採取した脂肪を増やして用いる培養幹細胞治療を提供しています。いずれも、ひざの切開や入院は不要。身体への負担を抑えるべく、”注射による治療”にこだわっています。そのため、体力が心配という方や高齢の方もご安心いただければと思います。

全身バランスを意識した治療

主に注射で行う治療法を提供している当院ですが「注射をしたら治療終了」とは考えていません。効果をより高めるため、患者さま個々に適した運動療法の指導も行っています。
重視するのは、ひざ単体ではなく”全身の中のひざ”と捉えアプローチすること。身体のバランスを調整することで、ひざへの負担軽減と痛みの緩和を目指します。

当院ではまずカウンセリングを行い、効果の見込みをお話しします。その際には当院の治療に限らず、保険診療も含めて最も適した治療をご案内するようにしておりますので、お気軽にご相談ください。

情報提供を行った医師の紹介

東京ひざ関節症クリニック 新宿院院長 横田直正

新宿院院長横田直正

  • 保有資格

    日本整形外科学会認定 専門医

    日本リウマチ学会認定 専門医

    日本医師会認定 産業医

  • 所属学会

    日本整形外科学会

    日本リウマチ学会

    日本再生医療学会