保険診療との違い

「診察する=治療する」ではありません

「診察する=治療する」ではありません

保険診療を行う整形外科では、そのまま治療に入ることを前提にした問診や診察が一般的です。しかし、東京ひざ関節症クリニックはそれとは異なります。
もちろん、ご希望されれば当日の治療も可能です。ただ、まずはご相談に対して適した方法をご提案するということを目的としています。実際、アドバイスを持ち帰り検討される方や、セカンドオピニオンとして活用される方もいらっしゃいます。

初診で診ること、お話すること

痛み改善のためのコンサルテーション

痛み改善のためのコンサルテーション

まずは、痛みを感じる部分や不自由な動作、これまでの治療状況などをお伺いします。これまでに受けられたMRI検査の画像をお持ちの方は、ぜひご持参ください。お持ちでない場合も、ご安心を。検査から診断までをスムーズに行える「MRIひざ即日診断」のご利用が可能です。その他、関節の可動域や痛みの程度なども、実際にひざを動かしながら確認します。
こういった情報と臨床経験をもとに、あなたに適した治療法を医師がご提案。期待できる効果とリスクの両方を詳しくご説明します。

実症例やデータを検討材料として提供

ご提案させていただいた治療法の検討材料として、ホームページに掲載できていない様々な情報をご提示することも可能です。実際の症例やアンケート内容はもちろん、再生医療学会などでも研究発表を行っているので、ご希望があれば統計データもご覧いただけます。

こんな検討材料をご用意しています
  • 同じような症例
    実際に治療した症例についてお話します
  • アンケート内容
    治療された患者さまの声をご覧いただけます
  • 学会での発表内容
    痛みスコアなど発表データをご提示できます
  • 海外の医学論文
    治療法に関する論文データもご提示できます
  • 専門機関の研究結果
    新治療の実際の研究データもご紹介します

まずはお気軽にご相談ください

待ち時間なく十分な時間を設けます

待ち時間なく十分な時間を設けます

最初にお伝えしたように、初診の目的は適切な診断と痛みを改善する選択肢のご提案です。患者さまお一人おひとりにその時間を十分設けられるよう、完全予約制をとっております。患者さまの大切な時間を待ち時間に浪費することもありません。
まずはお気軽にご相談にお越しください。ご家族からのお申し込みももちろん可能です。

電話受付時間 9:00〜18:00
(年中無休/完全予約制)

0120-013-275

まずはお気軽に
ご相談ください。

0120-013-275

電話受付時間
9:00〜18:00

当院の治療内容のページをご覧の皆さまへ

ひざ関節症クリニックには、ヒアルロン酸注射で痛みをコントロールできなくなった方や、人工関節や骨切り術といった手術を勧められているけれど不安から踏み切れない方が、再生医療に希望を見出し、日々来院されています。同じように治療法をお探しの方の情報収集が少しでもスムーズになるよう、このページでは、当院の「ひざを切らない治療法」についてご説明。初診ではどんなお話をするか、MRI検査ではどんなことを診るのか、また費用(値段)についても参考になさってみてください。
当院で扱う変形性ひざ関節症の治療法は再生医療が中心ですので、知らない治療に不安を覚える方もいらっしゃるでしょう。ですが、ご安心ください。ご相談時には、患者さまが疑問点を聞けないようなことのないよう、時間を十分に確保し、ひざをつき合わせた診療を行っております。また、治療を受けるかどうかも一度持ち帰り、ご家族にご相談してから決めてくださって構いません。患者さまがより良い選択をできるよう、スタッフ全員でサポートさせていただきます。

情報提供を行った医師の紹介

東京ひざ関節症クリニック 新宿院院長 横田直正

新宿院院長横田直正

  • 保有資格

    日本整形外科学会認定 専門医

    日本リウマチ学会認定 専門医

    日本医師会認定 産業医

  • 所属学会

    日本整形外科学会

    日本リウマチ学会

    日本再生医療学会

多岐にわたって経験と知識を有する専門医・指導医が在籍しています

ひざ関節症クリニックの医師は、全員、日本整形外科学会認定の専門医です。加えて複数の医師が、さらに専門性を極めた分野に従事。新宿院院長の横田直正医師は、日本リウマチ学会認定専門医でもあり、関節炎に深く精通。日本医師会認定産業医の資格も保有しています。医学博士も取得している大宮院院長の大鶴任彦医師は、股関節も専門としており、日本股関節学会学術評議員のひとりです。厚生労働省認定の臨床研修指導医、身体障害者福祉法指定医の資格も取得しています。
また、整形外科分野に限らず、日本再生医療学会にも所属し、さらに専門性を極めた医師も在籍。こういった医師たちの知識と経験に基づき、当サイトでの情報提供を行っております。