ひざ関節への培養幹細胞治療の症例数が2,100症例を突破しました

2020.01.30

診療・治療法

ひざ幹細胞治療の症例実績2100例以上

東京ひざ関節症クリニック新宿院では、患者さまの脂肪を原料にした幹細胞治療を変形性膝関節症をはじめとするひざの痛みの治療法として採用しています。進行した痛みにも効果が期待できることの他、入院しないのでいつもの生活を続けられるというメリットからも、選ばれる方が多い再生医療です。
当グループで実施する幹細胞治療の症例実積が2015年3月〜2019年12月現在において、2,100例を突破しましたことをご報告するとともに、治療を受けてくださった患者さまに感謝申し上げます。

まだまだ痛みも好きなこともあきらめたくない方へ

幹細胞治療では、患者さまご自身の脂肪から幹細胞を取り出し利用します。整形外科の分野では、関節内の炎症や痛みを鎮めてくれる作用がわかっており、近年導入する医療機関も増えてきています。
なかでも当院で行うのは、幹細胞を増やしてから投与する培養幹細胞治療です。体外で培養するため、幹細胞確保に必要な脂肪量がわずか20mLほどでまかなえ、脂肪吸引におけるお身体への負担が大幅に抑えられます(培養しない場合は350〜400mLほど)。実際、当院で治療を受けられた患者さまで遠方からいらした方がいたのですが、その方は脂肪採取のあと、新宿の街でショッピングを楽しんでご帰宅されたそうです。

 

新宿院院長・横田医師のよくわかる治療解説
▶︎ 培養幹細胞治療とは

 

痛みをどうにかしたいけれど人工関節には踏み切れないという方が選択されることの多い治療です。私たちは患者さまの痛みも、お好きなこともあきらめずにすむよう、最善の方法を一緒に探します。培養幹細胞治療もそのためのひとつの手段だと考えます。多くの症例情報をしっかり蓄積・分析し、今後もっと的確なご提案や治療につなげていけるよう努めてまいります。