SCAFF天然関節治療の特徴

SCAFF天然関節治療が適している症状やニーズの他、実際に期待できる効果やメリットもご紹介します。

こんな方におすすめの治療です

  • 半月板損傷・変形性膝関節症を患っている方
  • 杖を使わずに歩きたい方
  • 変形性ひざ関節症と診断された方
  • 何年もヒアルロン酸注射を打っても効果を感じない方
  • 先進医療に興味のある方

SCAFF天然関節治療の3つの特徴

  • 保護、潤滑に素早く作用
    SCAFFに期待できるのが、軟骨の保護。加えて、関節を滑らかに動かす作用も見込めることから、痛みの早期緩和を目指します。
    ポイント1:保護、潤滑に素早く作用
  • 長期に続く修復を目指す
    SCAFFを注入することで、傷の修復に働く成長因子が分泌。これが継続されることで、長期的な効果が期待できます。
    ポイント2:長期に続く修復を目指す
  • 治療に伴うリスクを軽減
    脂肪から抽出したSCAFFは100%自己組織の治療材料。アレルギー反応など副作用のリスクが軽減された治療です。
    ポイント3:治療に伴うリスクを軽減

SCAFF天然関節治療の概要

ひざの痛みに効果を発揮できる理由やそれを裏付ける医学データなど、SCAFF天然関節治療をより詳しく解説します。

SCAFF天然関節治療とは

自己組織でひざの痛みの改善を目指す先進的治療

SCAFF天然関節治療とは、皮下組織から特殊な加工法で抽出したSCAFFをひざに注入し、変形性膝関節症、半月板損傷の痛みの改善を目指す治療です。 関節内に注入されたSCAFFによって、傷んだ軟骨の保護や、ひざ関節の潤滑の向上が期待できます。さらに、SCAFFが関節内で作用し続けることでひざ関節の修復にも働くため、そのとき限りの短期的な効き目で終わることはありません。
何度も注射を打ちたくない方、一度の治療で長期的な効果を得たい方に、向いていると言える治療です。

SCAFF天然関節治療のメカニズム

軟骨の保護、潤滑、修復作用が痛みに働く

関節の中にSCAFFを注入

SCAFFが持つ軟骨の保護や潤滑作用は、ひざ関節の滑りを良くしたり、痛みの早期緩和に働くと見られています。
ただ、天然関節治療に見込める作用は、軟骨の保護や関節の潤滑だけではありません。もうひとつ、組織の修復作用が期待できるとされています。

1回の注射で3つの効果

注入後、SCAFFはサイトカイン(細胞間情報伝達分子)や成長因子などを大量に分泌。損傷を修復する作用を発揮し、関節の機能改善を図ります。
注入後数日間は、サイトカインの組織修復作用に伴う反応として、治療前よりも強い痛みを感じることがありますが、注射を打つ部分を工夫することで痛みの軽減を目指します。

治療を受ける手順

SCAFF天然関節治療を受けるまでの手順や施術時間など、全体の流れを分かりやすくご紹介します。

  1. 受診のご予約
    当院は混雑や待ち時間をなくすため、完全予約制となっております。

    電話受付時間 9:00〜18:00
    (年中無休/完全予約制)

    0120-013-275

  2. ご予約の確定
    来院日時を確定し、診察当日のご案内が済みましたらご予約完了となります。
    ネット予約の方には、追って当院スタッフよりお電話でご連絡いたします。
  3. 問診・カウンセリング
    ご来院いただきましたら、まずはひざの痛みや違和感について、発症した経緯やこれまで行ってきた治療などをお伺いします。
    医師に伝えて欲しいこと
    • 痛みの具合や
      治療状況
      痛む部位や程度、現在の治療期間などについてお教えください。
    • 困っていること
      不自由な動作など、具体的な痛みの症状につてお聞かせください。
    • これまでの
      検査結果
      レントゲンやMRI検査を受けた方は、画像をご持参ください。
  4. 診察・コンサルテーション
    患部の痛みの程度や動き具合などを、実際に細かくチェックします。また、 治療内容や治療の流れ 、注意事項についてご説明します。
  5. 治療日の確定
    治療を受けられる方は診察後に採血を行い、治療日(注入日)を決定します。
    迷われている方は診療内容なども踏まえて、再度検討もいただけますのでご安心ください。
  6. 治療
    皮下組織の採取からSCAFFの抽出、関節内への注入など一連の治療にかかるお時間は、1時間半ほどとなります。 局部麻酔を使用し、痛みを抑えながらの治療ですのでご安心ください。
    術後の注意点をご説明させていただきましたら、治療終了となります。その後は歩いてご帰宅いただけます。

治療費・料金

培養幹細胞治療の治療費やお支払い方法など、気になる料金についてのご説明です。

東京ひざ関節症クリニックの診療について

東京ひざ関節症クリニックでは、より良い治療法がいち早く変形性ひざ関節症の方の選択肢となるよう、自由診療にてご提供。そのため、費用については保険適応外となります。

  • 先進的な治療を導入
    保険収載前の治療をいち早く提供
  • 完全予約の少人数制
    予約制で診察や治療前の待ち時間を解消
  • 日帰り治療
    入院の必要がない治療法なので日帰り可能
  • メール相談無料
    来院前に気になる点などを気軽に相談可能

料金表

  • 初診料
    ¥3,000医師による問診・診察
  • SCAFF
    天然関節治療
    • 定価
      片ひざ
      ¥780,000
      (保管料含む)
      ※両ひざは40万円追加
    • モニター
      片ひざ
      ¥624,000
      (保管料含む)
      ※両ひざは24.4万円追加

お支払い方法

3種類のお支払い方法をご用意しております。併用いただくことも可能です。

  • 現金
  • デビットカード
    (ご利用可能金額は50万円まで)
  • クレジットカード

    VISA、MasterCard、JCB、American Express、Diners

    VISA、MasterCard、JCB、American Express、Diners
    ※事前に限度額をご確認ください

医療費控除

ひざ関節症クリニックでお支払いいただいた治療費には、その一部が税金から還付(返還)される、医療費控除制度が適応される場合があります。

医療費控除制度とは?

医療費控除用の確定申告書には、医療費の支出を証明する書類(領収書など)が必要です

国が国民の医療費負担が高額にならないように設けた公的保障です。
1年間(1月1日〜12月31日までの間)にご本人または、ご家族(生計を一にする親族)が支払った医療費が10万円を超える場合に、確定申告で還付金が受けとれます。医療費控除用の確定申告書には、医療費の支出を証明する書類(領収書など)が必要です。

当院では、治療費の領収書を発行していますので大切に保管し、確定申告の際にご提出ください。また、領収書の再発行は致しかねますので、ご了承ください。

還付金を受け取るための、確定申告について

医療費控除に関する事項を記載した確定申告書を所轄税務署に提出します。
◆確定申告書の記載方法については、こちらの『医療費控除用の記載例』を
ご参照ください。

交通費補助

遠方のお客様へのご負担を軽減するための、交通費補助サービスについてご紹介します。

遠方からご来院の患者さまへのサービス

遠方のお客様への交通費補助サービス

ひざ関節症クリニックでご提供しているSCAFF天然関節治療は、再生医療のため、限られた病院でしか取り扱いがありません。また、変形性ひざ関節症の診療に特化した整形外科専門医の治療が受けられる施設も稀少なため、当院には圏外からもたくさんの患者さまがご来院くださっています。
そこで、患者さまのご負担を少しでも軽減できればと、交通費の補助制度を設けました。治療につき1回のみ、3万円までの交通費をクリニックで負担させていただきます。詳しくは当院のコンシェルジュまで、お気軽にお問い合わせください。

補助金額

SCAFF
天然関節治療
時の1回のみ
最高 ¥30,000まで補助
交通費補助金額例
  • 名古屋から
    お越しの方
    名古屋〜新宿(乗車券) ¥12,520
    名古屋〜品川(特急券) ¥8,200
    補助金額 ¥20,720
  • 大阪から
    お越しの方
    大阪〜新宿(乗車券) ¥17,500
    新大阪〜品川(特急券) ¥9,740
    補助金額 ¥27,240
  • 北海道から
    お越しの方
    新千歳空港〜羽田空港 ¥31,890
    羽田空港〜新宿 ¥1380
    補助金額 ¥30,000

サービスを受けるには

施術日当日、ご来院の際に以下2つを受付へご提出ください。領収書受理と住所確認後、清算時に補助金の規定額分を差し引かせていてだきます。

  • 交通費の領収書(往復)※公共の交通機関のみ
    公共の交通機関で往復分のチケットをご購入、領収書をご持参ください。
  • 現住所が確認できるもの
    運転免許証、保険証、住民票の写しなど。
サービスが受けられない場合がございます
  • 交通費の領収書が提出できない方
  • 公共の交通機関(電車・飛行機など)以外でご来院された方(高速代・駐車場代・ガソリン代・タクシー代などは対象外となります)
  • 現住所が確認できない方
  • 定価で受けられる方

お問い合わせ

ホテルの手配、公共の交通機関を使った来院のご提案など、遠方からの患者さまにも安心してご来院いただけるよう、ひざ関節症クリニックのコンシェルジュがお手伝いします。

東京ひざ関節症クリニック

0120-013-275

+81-3-6705-8997(海外からの電話)

電話受付時間 9:00〜18:00
(年中無休/完全予約制)

まずはお気軽に
ご相談ください。

0120-013-275

電話受付時間
9:00〜18:00

当院の治療内容のページをご覧の皆さまへ

ひざ関節症クリニックには、ヒアルロン酸注射で痛みをコントロールできなくなった方や、人工関節や骨切り術といった手術を勧められているけれど不安から踏み切れない方が、再生医療に希望を見出し、日々来院されています。同じように治療法をお探しの方の情報収集が少しでもスムーズになるよう、このページでは、当院の「ひざを切らない治療法」についてご説明。初診ではどんなお話をするか、MRI検査ではどんなことを診るのか、また費用(値段)についても参考になさってみてください。
当院で扱う変形性ひざ関節症の治療法は再生医療が中心ですので、知らない治療に不安を覚える方もいらっしゃるでしょう。ですが、ご安心ください。ご相談時には、患者さまが疑問点を聞けないようなことのないよう、時間を十分に確保し、ひざをつき合わせた診療を行っております。また、治療を受けるかどうかも一度持ち帰り、ご家族にご相談してから決めてくださって構いません。患者さまがより良い選択をできるよう、スタッフ全員でサポートさせていただきます。

情報提供を行った医師の紹介

東京ひざ関節症クリニック 新宿院院長 横田直正

新宿院院長横田直正

  • 保有資格

    日本整形外科学会認定 専門医

    日本リウマチ学会認定 専門医

    日本医師会認定 産業医

  • 所属学会

    日本整形外科学会

    日本リウマチ学会

    日本再生医療学会

多岐にわたって経験と知識を有する専門医・指導医が在籍しています

ひざ関節症クリニックの医師は、全員、日本整形外科学会認定の専門医です。加えて複数の医師が、さらに専門性を極めた分野に従事。新宿院院長の横田直正医師は、日本リウマチ学会認定専門医でもあり、関節炎に深く精通。日本医師会認定産業医の資格も保有しています。医学博士も取得している大宮院院長の大鶴任彦医師は、股関節も専門としており、日本股関節学会学術評議員のひとりです。厚生労働省認定の臨床研修指導医、身体障害者福祉法指定医の資格も取得しています。
また、整形外科分野に限らず、日本再生医療学会にも所属し、さらに専門性を極めた医師も在籍。こういった医師たちの知識と経験に基づき、当サイトでの情報提供を行っております。