PRP-FD注射のひざ治療が3,800症例を突破しました

2020.01.30

診療・治療法

PRP-FD注射の3800症例突破のお知らせ

患者さまの血液から、ひざの痛みに有効な物質のみを濃縮して注入する治療が、PRP-FD注射です。
ヒアルロン酸注射が効かない、でも手術はしたくない。
手術を必要としないPRP-FD注射はそうした患者さまからのニーズが高く、2015年11月に導入以降、変形性膝関節症や半月板損傷などのスポーツ外傷による痛みの治療に選択される方が増えております。ひざ関節症クリニックでは2019年12月末現在、3,800症例以上の治療実積となりましたことをご報告いたします。

患者さまへの感謝を忘れず、より良い医療が広げるために

血液を用いた治療としては、治癒に働く血小板という細胞を濃縮して注入する、PRP療法があります。PRP-FD注射はそのPRPを濃縮し、傷の修復に作用する物質を同量の血液から作成したPRPの2倍以上まで高めたものです。当院の症例を分析したところ、変形性膝関節症に対してはPRPよりも高い効果が期待できるという数値が出ております。

 

そうした新しい知見が得られ、今後の診療や医療全体の進展に活かしていけるのも、ひとえに当院を信頼して治療を受けてくださった患者さまのおかげと、心より感謝しております。今後も患者さまのご期待のために、より安全で効果的な治療が普及するよう、日々の診療とデータの蓄積・共有に努めてまいります。

 

横田院長がわかりやすく解説
▶︎ PRP-FD注射の効果や治療の流れについて