PRP-FD注射でのひざ治療、4,300症例突破のお知らせ

2020.03.30

診療・治療法

PRP-FD注射の治療実積4300症例突破

東京ひざ関節症クリニック新宿院では、患者さまの細胞を原料とした痛み改善の治療法をご提供しております。そのひとつで血液を利用するPRP-FD注射を、グループ内では2015年11月より導入。2020年2月段階において、4,300例以上の治療実積となりましたことをご報告いたします。

変形性膝関節症の初期〜進行期の方の選択肢として

血液内の血小板という細胞には、けがをしたときに組織の修復を促す物質を分泌します。その働きを利用したのが、PRP-FD注射です。具体的には、ひざ関節の炎症を抑え、一時的に自然治癒力を高めるよう作用します。これにより、つらいひざの痛みや慢性的な痛みの改善が、採血と注入という注射だけの処置で期待できるのです。

当院の症例データを統計すると、変形性膝関節症では初期はもちろん、痛み止め薬やヒアルロン酸注射が効きにくくなる進行期においても、改善が得られていることがわかっています。こうした情報は国内外に広く共有し、自由診療でもより適切な提案がなされるよう、学会や論文などでも発信するようにしています。

 

正しい医療情報を広める活動が、医療の進展にもつながっています。それができるのも、当院で治療を受けてくださった患者さまあってのことです。心より感謝申し上げますとともに、今後も痛みにお悩みの患者さまのニーズにお応えできるよう、スタッフ一同、努めてまいります。

 

PRP-FD注射を横田院長がわかりやすく解説しております。
▶︎PRP-FD注射について