ひざ関節への培養幹細胞治療の症例数が2,000症例を突破しました

2019.12.26

診療・治療法

ひざ幹細胞治療の症例実績2000例以上

東京ひざ関節症クリニックでは、患者さまの脂肪を原料にした幹細胞治療を採用しています。2015年3月〜2019年11月現在において、この再生医療の治療実績が2,000例を突破しましたことをご報告します。

 

幹細胞治療が根拠に基づいて提供されるために

当院が脂肪由来の幹細胞治療を採用する理由は、ひざ関節の炎症や痛みの抑制作用にあります。変形性ひざ関節症の患者さまに対して行った治療でも、ほとんどの症例において幹細胞投与後に痛みの緩和が見られました。現在は、脂肪採取が極少量で身体への負担が少なく、多くの幹細胞を届けることが可能なことから高い効果の期待できる、培養幹細胞治療を採用しております。その判断も、これまでの症例をもとにしたものです。

このように、今後も主観ではなく、根拠のあるデータに基づいて効果の見込みの判断や治療プランのご提案を行っていきます。
また、そうした医療の構造を構築できるよう、学会発表や論文の執筆など情報共有も積極的に取り組んでまいります。

 

新宿院院長・横田医師のよくわかる治療解説
▶︎ 培養幹細胞治療とは