膝の軟骨がなくなっているようでヒアルロン酸注射も一時的で意味がないです

主人(52歳)ですが、膝の軟骨がもう殆ど無いそうで、毎日痛んでおります。ヒアルロン注射などされていますがそれも一時的に痛みが緩和されるだけです。両足は膝を中心に少々曲がってきている気がします。そちらのクリニックでは人工関節以外の方法で完治が期待できますか?

52歳とのことですから、まだまだアクティブに動かれたいと思いますし、大変お辛い状態とお察しいたします。
当院は再生医療専門のクリニックでございます。
半月板損傷、軟骨損傷、変形性膝関節症軽度~重症な方までお膝の症状でお困りのたくさんの方がご来院になります。中でも変形が高度でヒアルロン酸では効果が続かず、人工関節を勧められた方もいらっしゃいます。
出来る限り手術は避けたいと当院を探して、ご来院下さっています。
かなり高度の変形があっても、当院の治療で症状が改善し喜んでいただけておりますが、お聞きした状態より完治を望まれますと難しいと思います。
まずは一度ご来院いただきお膝の状態を診せていただきたいと存じます。

関連キーワード

直接ドクターがお答えしますので、
お気軽にご相談ください。

ドクターメール相談

キーワード検索

カテゴリー別

まずはお気軽に
ご相談ください。

0120-013-275

電話受付時間
9:00〜18:00

多岐にわたって経験と知識を有する専門医・指導医が在籍しています

ひざ関節症クリニックの医師は、全員、日本整形外科学会認定の専門医です。加えて複数の医師が、さらに専門性を極めた分野に従事。新宿院院長の横田直正医師は、日本リウマチ学会認定専門医でもあり、関節炎に深く精通。日本医師会認定産業医の資格も保有しています。医学博士も取得している大宮院院長の大鶴任彦医師は、股関節も専門としており、日本股関節学会学術評議員のひとりです。厚生労働省認定の臨床研修指導医、身体障害者福祉法指定医の資格も取得しています。
また、整形外科分野に限らず、日本再生医療学会にも所属し、さらに専門性を極めた医師も在籍。こういった医師たちの知識と経験に基づき、当サイトでの情報提供を行っております。