10ヶ月前より膝が痛みだし、掛かり付けの整形外科でヒアルロン酸の注射を10回受けましたが全く効果がありませんでした。
半年前に、国立病院で左膝の半月板損傷(内側)と診断され手術を受けました。
退院後は10キロ程度の散歩や、腿の筋トレ等をしてきたのですが、階段の上がり降りに痛みがあり、正座も出来ず、しゃがむ事にも苦痛を伴います。
本日の診察で、61才の年齢ではこれ以上の改善は期待できないから、上手に付き合っていくしかないと言われ、途方に暮れてしまいました。
もう、以前の様な脚の動きは取り戻せないのでしょうか・・・?

膝関節内は血流が少ないこともありとても自己修復力の弱い場所ですので、一度損傷を受けると治り難いと言われています。
損傷を受けると、関節の中で炎症が起こります。炎症が起こった場所は硬くなるため、関節の動きが悪くなります。そうして更に膝に負担がかかり、ダメージが増えてしまうという悪循環を起こしてしまうのです。

手術を受けて改善されない場合でも、ご自身の血液や脂肪の中にある細胞を活用することで、膝の状態を改善できる可能性があります。当院で提供している培養幹細胞治療PRP-FD注射は、半月板損傷にも適応があります。抗炎症作用から悪循環の改善が期待できますし、ヒアルロン酸注射や痛み止め薬のような対処療法と異なり、痛みの根本的治療にもなり得る方法と考えています。

実際の膝の状態やMRI画像などを拝見させていただき、治療の可能性について話をさせていただけたらと思いますので、ご興味をお持ちでしたらご連絡お待ちしております。

キーワード検索

カテゴリー別

まずはお気軽に
ご相談ください。

0120-013-275

電話受付時間
9:00〜18:00

はじめてのご来院予約

MRIひざ
即日診断

再診の
ご予約

完全予約制 待ち時間ありません