60代前半の女性です。
2年位前から右ひざの内側が痛かったのですが、症状も軽いためテニスを週1で続けていました。昨年から週2に増やしてテニスを続けていたのですが、前より痛みが増してきたので、整形外科に行きますと変形性膝関節症と診断されました。
ヒアルロン酸注射や電器治療を続けていましたが、半年たっても症状が変わらず、MRIを受けたところ、膝の内側に5ミリほどの傷が判明。膝の専門医にかかり今はリハビリを週一続けています。
痛みが以前より増していますし、本当に膝が曲げにくく不自由な生活で、気分的に落ち込んでいます。好きなテニスも休もうと思っています。
今の病院で最近、PRP-FD注射が試験的に導入されました。私も受けようかと悩んでいますが、半月板損傷にはあまり効果がないとの内容でしたので、ショックでした。まだ先が長い人生ですので、これから先の治療についてアドバイスお願いいたします。今の先生には、お尋ねしにくくて中々聞き出せず困っております。

ご相談の膝のことですが、MRIでも病態の把握は100%ではありません。最終的には医師が診察し触診・視診することが必要です。画像はその補助となります。MRIで所見が軽いが症状が強い例など我々は診察していて沢山あります。
PRP-FD注射に適応があるかそうでないか、適した治療をご提案致しますので、可能であれば一度当院を受診していただければと思います。

キーワード検索

カテゴリー別

関連する治療

まずはお気軽に
ご相談ください。

【ひざの痛み専門】無料でんわ相談

0120-013-712

電話受付時間
9:00〜18:00