90代でも、PRP-FD注射は有効でしょうか?

90代の義母が、10年以上前から変形性膝関節症を患っています。
数年前から3週間ごとにヒアルロン酸注射をしていましたが、1ヶ月前から激痛。他の整形外科を受診すると、滑膜炎で水が溜まっている。筋力の低下も原因だと言われました。

現在は、週一の水抜きとヒアルロン酸注射の繰り返しです。自主筋トレとリハビリ、筋肉アップの電気治療をしてますが痛みは取れず、さらに筋肉痛もあって、本人は苦痛で気持ちも参ってしまっています。

診察しなくては判断できないかと思いますが、貴院のPRP-FD注射は有効でしょうか?
また、有効な場合、痛みはすぐに良くなるのでしょうか?ちなみに義母は高血圧、コレステロール高、抗うつ薬も服用しています。

効果の見込みについては、実際の診察で症状やMRI画像を確認してからでないとお答えできませんが、お義母様のおひざにもPRP-FD注射で効果が出る可能性はあります。

90代であることを考慮しますと、手術は簡単に決断できるものではありませんよね。当院の治療はすべて、ひざを切開することはありません。身体への負担も小さいですので、PRP-FD注射を検討いただく余地は大いにあると考えております。
ただ、痛みの原因が変形性関節症でない場合、当院の治療を適応できないケースもありますので、まずは診察にお越しいただければと存じます。

また、当院ではPRP-FD注射に加え、腹部の脂肪から採取した幹細胞を増やして使う培養幹細胞治療も提供しておりますので、よろしければ下記ページも参考になさってください。

培養幹細胞治療について

スタッフが直接お答えしますので、
お気軽にご相談ください。

無料メール相談

キーワード検索

カテゴリー別

関連する治療