70過ぎの母についてご相談させてください。
平らなところは違和感なく歩けているのですが、階段などの段差が全くダメで、手すりがないと階段も登れません。下りは更に難しいようで、全く膝が曲がらなくてロボットのような動きになっています。
歩きにくくなってから太り始め、更に膝に負担がかかるのではと心配しています。不思議なのは、全く痛みが無いことです。
本人も痛みがないので危機感がなく、娘としてはそれでいいのか心配です。痛みが出るまで放置してもいいのでしょうか?

お母様のお膝、心配ですよね。

痛みが出ていらっしゃらないとの事ですが、膝関節の中では日々少しずつ損傷が進んで行き、何かのきっかけで急に痛みが出る事もございます。お膝の状態はそのままにしていると、決して改善されることはありません。「変形性膝関節症」といったお膝の状態になった場合、進行して酷くなると人工関節の手術が必要になる事も少なくありません。

歩きにくい→運動や動く量が減る→筋力が落ちる・太る→膝に負担がかかる、という悪循環が変形性膝関節症では起こり得ます。そうならないためには、膝周辺の筋肉を鍛える体操や食生活や生活スタイルの改善などがまず進められます。
変形性膝関節症、お膝周りを鍛える体操、生活上でのアドバイスなどは、変形性ひざ関節症の予防や治療法について分かりやすく解説したページもございますので、併せて参考にしていただけるかと思います。

痛みはなくともお膝の違和感で生活に支障が出ているようですので、整形外科でお膝の状態をMRI画像など詳しく検査をし、医師の診察をお受けいただく事をお勧め致します。もちろん当院にもご相談いただけます。実際にお膝を詳しく診察できれば、膝の専門のクリニックとしてお膝の状態やお母様に適した治療法をご提案させていただくことが可能です。

ご相談者さまと同じように、ご家族を心配されてご一緒にご相談に来院される方もたくさんいらっしゃいます。
よろしければお母様とご一緒に一度ご来院くださいませ。

キーワード検索

カテゴリー別

まずはお気軽に
ご相談ください。

0120-013-275

電話受付時間
9:00〜18:00

はじめてのご来院予約

MRIひざ
即日診断

再診の
ご予約

完全予約制 待ち時間ありません